ガロ パチンコ ゲート

ガロ パチンコ ゲート

この時点で康太はなるほどと眉をひそめて相手の動きをさらによく観察してみることにした

斧を振り回しているのにもかかわらず妙に軽やかに動いている、まるで斧の重さがないような動きだ

だが実際には斧には重さがある

一撃一撃は風を起こし、たたきつければわずかに地面が揺れる

高い威力を持っていても本人の膂力による運用はされていない

あなたも好きかも:スロット 行き たい
つまりこの斧は魔術によって操作されているということだ

よくよく見てみれば腹の出た肥満体形なのだ、これだけ重そうな斧を簡単に振り回せていること自体を疑うべきだったと康太は眉をひそめていた

近接戦を挑んでいながら、魔術による攻撃を同時に行っているということである

相手がこれ以外の攻撃や補助をあまり行ってこないのは、単純に同時に使える魔術に限りがあるからなのだろう

近距離における康太の近接戦闘と遠距離における文の射撃攻撃を同時に扱われると、防御以外に取れる手段がなくなってしまうために文との連携を強引な形でもいいからやめさせたのだろう

とはいえ康太も文もいつまでもこのままというわけにはいかない

あなたも好きかも:スロット 演者 差し入れ
これだけの分厚さの土の壁を破れるほど強力な一撃を文が放つことは不可能だろう

文の攻撃は主に現象系だ

この土の壁を破るには同じように物理系の攻撃でぶち破るほかない

文の物理系の攻撃は射撃攻撃に分類されるもので威力自体はかなり低い

それにこういった周囲に高い遮蔽物がある状況では文の攻撃も届きにくいのも確かだ

康太はどうしたものかと少し考えてから襲い掛かる斧をよけると、周囲を囲んでいる土の壁を索敵で確認してから薄く笑う

この程度の壁で自分を閉じ込めようとは笑止千万