パチンコ 戦国乙女4

パチンコ 戦国乙女4

皇帝は権力の頂点に君臨し、帝国の意思を決定するのも皇帝そのひとであるのだが、次期皇帝を決めるのは皇帝ではなかった

無論、最高権力者である皇帝の意見も取り入れられるものの、参考程度といったところだという

 なぜそのようなことになったのかは、歴史を振り返れば一目瞭然だ

あなたも好きかも:パチスロ 基準
三代皇帝ソールハインは、聡明な統治者として知られている

あなたも好きかも:ラグナロクサーガ パチスロ
善政の限りを尽くしたといわれ、中でも帝国領の各地に国民のための病院を建てたことは、ソールハイン最大の功績とされている

 そんな人物も年を取れば、耄碌するものだ

彼は、次期皇帝(つまり四代皇帝)に壮健な長男や次男ではなく、生まれたばかりの皇子を選んだ

当然、長男と次男は不満を抱く

いや、家臣万民が、ソールハインの選択を不審に思った

その皇子が、ソールハインの寵愛した若い側室との間に生まれた子供だったことも、不信を招いた理由のひとつだろう

 当時、皇帝の権力は絶大だった(いまでも絶大であることに変わりはないが)

 ソールハインは、皇子の皇位継承に反対するものをひとり残らず処断した

長男、次男を含めて、一人残らずだ

その中には有能な人物が多数いた

いや、有能な家臣ほど、ソールハインの決定に疑問を呈したというべきだろう

優秀な人材が激減した帝国は、果たして暗黒期を迎えるのだが、ソールハインは帝国の暗黒期を見ることもなく崩御

皇帝の決めた通り、幼少の皇子が四代皇帝となり、イミルハインと名乗ったが、実験を握ったのは彼の母イスターシアだった

 思いも寄らず絶対的な権力を得たイスターシアは、思うままに力を振るい、帝国の暗黒期を加速させた

ついには国是を破り、大陸統一に乗り出そうとまで言い出したイスターシアに対して、それまで彼女に付き従っていた者達までもが反発、イスターシアはそれらをソールハインのように排除しようとしたが、成長したイミルハインの手によって止められる