シンフォギア パチンコ bgm

シンフォギア パチンコ bgm

 理解してもらえたようで何より

「まあとりあえずわかったよ

あなたも好きかも:リゼロ スロット 出玉記録
で? 用件は?」「実は彼の武器について相談があって

あなたも好きかも:パチンコ 就職 大卒
精神型が扱う武器ってないかな?」「だったら杖でも扱ってるところに行くんだな」「そうじゃなくて、精神型でも近接戦ができる剣とか探しているの」「おいおい……」 そのような相談事は受けたことがないのか、困ったように頭をぼりぼりとかく

「取り扱ってないんですか?」「ない訳じゃねぇ

だがお前さんらには手が届かねえと思うがな」「それは何なの?」「魔道具だよ」 失念していた

確かに魔道具、要するに魔剣とかなら精神型でも肉体型に引けを取らない戦いができるだろう

あなたも好きかも:パチスロ ライター 交友 関係
 店長は店の奥からいくつか持ってきた

「まあウチで取り扱ってるのはこんなもんだ」 柄(え)の部分に赤い魔石が埋め込まれた刀身も赤に輝く剣や緑色の魔石を組み込まれた黒々とした短剣、ゲームの中でしか見たことがないチャクラムなんて武器までお目にかけた

「何だ、あるじゃないですか」「金はあるのか?」「一応、十万くらいなら……」 その金額を聞いて、呆れた様子で手を振る

「そのくらいの端金(はしたがね)じゃダメだ

最低でもそれの三倍はないとな」「最低で三倍!?」「当たり前だろ! これくらいが相場だ

何せ普通の武器と素材がそもそも違うんだ、値段だって張る

だがその値段に見合うだけの力は、ちゃんとあるぞ」 この魔道具達を見ると、質の良さそうなのは理解できる

「それに例え買えたとしても、強力な分、扱いが難しい

精神型でも扱えるからって振れるもんでもねえよ……」「確かに……」 貴族達は英才教育を受けたりして、この辺はクリアしてるだろう

 実際、カルディナやハーディス、ウィルクが扱っている武器を思い返してみると、小さくだが魔石が埋め込まれていたように思える