結城友奈は勇者である スロット 周期

結城友奈は勇者である スロット 周期

あなたも好きかも:神戸 パチンコ オススメ
「そうですね

かっこいいと思いますよ

たまに似合わない人もいますけど

洋一先輩と一平先輩は似合ってましたね」「そ、そうだよねーっ」「……つまり、あいつらを見て、ちょっといいなー、とか思ったってワケ?」 鋭い視線に優樹は顔を赤くして「違うってばーっ」と口を尖らせる

あなたも好きかも:パチンコ アイコス
「そうじゃないのっ

そういうことじゃなくてっ」「じゃあどういうこと?」「ただ……似合うってだけっ」 疑い深くじっと目を細められ、「ホントだってばーっ」と、拗ねてスプーンを握りしめる

焦る優樹と根暗な反町を交互に見て、多美は軽く首を傾げた

「お二人って……付き合いは長いんですか?」 何気ない問いに二人はキョトンとして顔を見合わせた

あなたも好きかも:プレイ テック 入金不要ボーナス
――そういう質問を二人で受けるのは初めてだ

「そ、そんなことないよ

ねぇ流君?」 優樹が恥ずかしそうな笑みで相槌を問うと、「オレは片思いから数えて、もう三年……」 と、真顔で指折り数えられ、優樹は顔を真っ赤にして俯き、握っていたスプーンで注文したオムライスのソースをかき混ぜた

 交互に窺っていた多美はキョトンとし、瞬きを数回繰り返して反町に怪訝な目を向けた

「片思い、してたんですか?」「そうだよ

中等部にいた頃から優樹が好きだったんだけどね、鈍いから気付いてもらえなかったんだ」 にっこり笑顔で応える反町に、多美は「へぇー」と興味津々な笑顔で目を見開くが、優樹は顔を赤くしつつもムスッと頬を膨らませた

「鈍くないもんっ、全然っ」「鈍いよ」「そんなことないもんっ」「いーや

鈍いね」「鈍くないっ」 素っ気なく突っ返す反町と、眉をつり上げながらも拗ねる優樹を交互に見て、多美は再び顔をしかめた

「どうやってお付き合いすることになったんですか?」「オレが泣いてお願いしたんだよ