林原 めぐみ パチンコ

林原 めぐみ パチンコ

森での採集が終わって、たくさんの荷物を持っている子供達は、少しでも早く家に着きたいのか、自然と足が速くなる

 そんな集団から取り残されそうになるわたしをフォローしてくれるのはトゥーリとルッツだ

「みんな、慌てちゃダメだよ!」「大丈夫か、マイン?」 わたしも頑張って歩いているつもりだが、どんどん集団に引き離されていく

子供達は容赦ない

遅いわたしを待ってはくれない

「みんな、速い……」「ごめん、ルッツ

マインをお願いしていい? わたし、みんなを見てくるよ」 トゥーリは洗礼前の子供達の集団では最年長になるので、妹よりもみんなの面倒を優先にした

あなたも好きかも:スロット エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの
「わかった

マイン、ゆっくり歩け

途中でへばっても、今日は俺も荷物があるから背負ってやれない」「ん」 取り残されたわたしと一緒にゆっくりと歩いてくれるのはルッツだけだ

あなたも好きかも:千葉 稲毛 スロット
これ以上ルッツに面倒をかけることはできないので、遠慮なく速度を落として歩く

「マインは門で何してたんだ?」「字を教えてもらってた」「字? 書けるのか!?」 ルッツがものすごくビックリしたように、わたしを見た

 わたしに対する尊敬でルッツの目が輝いているような気がするが、まだ字が書けるというほど単語を覚えていない

あなたも好きかも:バジリスク パチスロ アプリ
そんなキラキラした目で見られると困る

「まだ自分の名前くらいしか満足に書けないよ

これから練習するの」「すげぇ、マイン

自分の名前が書けるなんて!」 あれ? 尊敬が完全に定着したっぽい? まさか名前が書けるだけで尊敬されるとは思わなかった

 だが、よく考え見ると、農民なら字の読み書きができるのは村長くらいで、人の名前が書けるってレベルの父でも十分すごいと言っていたような記憶がある

 小学一年生レベルって、思ってたけど、この世界では尊敬レベルなんだ……