釜山 ロッテ カジノ

釜山 ロッテ カジノ

 わかってたんだ

あなたも好きかも:フルーツ・ルート・リブート
この人の言う通り、ただただ怖かっただけなんだ

誰かに俺の『本当』を受け止めて欲しかったんだ

 グズついた俺をあやすように、背中をトントンと叩く

「そりゃあ知らない世界に一人、突然放り出されれば、誰だって不安だし、怖いさ」「でも、それを言ったら……リリアも――」「あの娘(こ)の場合は、自業自得であり、私達の責任だ

お前さんみたいに巻き込まれたわけじゃない

だからいいんだ、な?」 リリア……前にも思ったが、お前は軽率だ

こんなにも優しいお母さんじゃないか

あなたも好きかも:11月11日 パチンコ
やっぱり、ちゃんと話をすれば良かったんじゃないか? 親子なんだ、ちゃんと腹割って話せれば、俺もこの人も苦しまずに済んだはずだ

 やっぱり……自殺なんて良くなかったよ、絶対

 ――ひとしきり泣き終えると、落ち着いたかどうかの確認をした

「さて今後だが、とりあえずはお前を元に戻す方法=リリアの帰還に繋がるということで、情報を集めよう」 リンナは遺書をヒラヒラと見せつけた

俺自身もその意見には賛成のため、コクリと頷いた

「つってもお前さんはリリアとして生活してもらうから、調査はこっちでやるよ」「えっ? でも……」「でもじゃない! お前は現時点でリリアなんだ

リリアとして一生を過ごすんだ、そこも並行して考える……いいな?」「は、はい……」 どうやらリンナは俺にリリアとして、女として生きることを勧めるようだ

また別方向での不安が募りそうだ

「お前といい、リリアといい、アイツといい、どうしてこう……難しく考えるかなぁ? もちっと楽観的に考えてもいいだろ?」「えっと……」「どうせ元男だから、男との付き合いが出来ないだの、女の子同士の会話が出来ないだの、男女感のいざこざがどうとか、くっだらないこと考えてたんだろ?」「――うぐっ!?」 その通りなんだけど、そんなバッサリ言わなくても