新中野 パチンコ

新中野 パチンコ

貴女の“何となく”を信じてみる

俺達が鍵を使う日も来るかもしれないからな」「はい

私も光栄です

この様な感覚は初めて……何の理由で生まれたのか分からない鍵ですけど、喋らない……生きていない筈の鍵の気持ちが分かりました」「ハハ、そうか」 鍵の気持ち

あなたも好きかも:パチスロ 販売 スパーク
ここがフィクションなら無機物に何かしらの感情などが生まれてもおかしくない

あなたも好きかも:カジノ 方法
そもそも今目の前に居る“NPC”自体がそれに近い存在だ

 何はともあれ、俺とソフィアはその鍵を領主の娘から受け取り、見送られながら町の出入口へと向かう

「さて、ユメ達の元に戻るとするか

アジト捜索と進化ボスモンスターとの戦闘で大分時間は経ったけど、まだ割と追い付ける距離だ」「そうだな

音の速度で進めばすぐに追い付ける」「お気をつけて下さい

ギルドメンバー様

冒険者様」「ああ、またな」「フフ、機会があればまた会おう」 住民達と別れを告げ、そのまま加速して駆け出す

刹那に音の領域へと組み込み、一瞬にして“キー”の町から離れた

 ユメ達は俺が追い付けるように痕跡を残してくれている

ユメ達にとっても今の俺にソフィアも加わったのは想定外だろうが、その痕跡は後を追うのに便利なものだ

「けど、ここからの距離はどれくらいだろうな

あの町に滞在した時間は三十分くらいか

ユメ達が時速500㎞で進んでいるなら距離は既に250㎞くらい離れているだろうな

直進じゃないから誤差はあるだろうけど」「それなら音速以上で進むとして……到達まで十分も掛からないな