リールストッパー スロット 自作

リールストッパー スロット 自作

あの頃は、いまと違って迷宮探索はギリギリで

いまみたいな談笑の余裕なんてなかった」 かつて《ミドガルズブレイズ》数発で倒れていたマリアだが、いまや無意識に巨大炎蛇たちを従えて、汗一つ掻いていない

あなたも好きかも:一色 パチンコ アルバイト
 僕とマリアが共通の過去を想っていると、少し拗ねた様子の陽滝が話題をずらしてくる

あなたも好きかも:コスタール カジノ ps
聞く限り、本当に兄さんのメンタルはギリギリだったようですね……

まさか、新しい生活になって一週間も経たぬ内に、自分用の奴隷の女の子を買うとは……

兄さん、いまマリアから話を聞いて、妹としてドン引きでしたよ?」「じ、自分用の女の子って……! いや、やましい気持ちでマリアを買い取ったわけじゃないから! 本当の本当に!」「本当でしょうか? 例えば……私がいないことを幸いに、色々と手を出したり出さなかったり?」「してない! なあ、マリア!!」 陽滝は話をずらす方向に容赦がなかった

 すぐに僕は自らの尊厳を守る為、マリア本人に助けを求める

だが、そこには陽滝以上に深い溜め息をつくマリアがいた

「そういう人なら、色々と楽だったんですけどね……

そうでないから、こんなに苦労してきたわけで……」「ふふっ、ですよね

知ってました

その気持ち、わかりますよ

マリア」 僕をからかうだけからかった陽滝は、すぐにマリアに同調していく

「ありがとうございます、ヒタキさん

お礼に、あのときのカナミさんの台詞を、できる限り思い出してヒタキさんに教えてあげますね

本当、あの頃のカナミさんは酷かったんですよ

偽名は『キリスト・ユーラシア』なんて名乗って、嘘ばっかりで……」「ふっ――、ふふふっ

何度聞いても、その偽名は面白いですね

兄さんらしくて、とてもユニークです