相模原 スロット ガイア

相模原 スロット ガイア

「普段は大丈夫なんだろうなぁ?」「だ、大丈夫です! 普段は私です!」「でだ――てめぇ……ウチのリリアに変なことしてねぇだろうなぁ! ああっ!?」 リンナは修羅の面をそのままつけたかのような、激昂した表情で、指をゴキゴキと鳴らしながら圧をかけてくる

あなたも好きかも:パチスロ 出玉制御
「――してません! してません! 神に誓って! 断じて!!」 実際、やりたい気持ちはありましたが、罪悪感の方が精神的にキツそうだったので、断念しております

チキンですし

あなたも好きかも:スロット 押忍番長 大都
 怯えた様子で激しく首を横に振りまくり、全力否定すると、笑い出した

「ハハハハっ

冗談だよ、冗談

あの娘(こ)の自業自得なんだし、その辺は好きにすりゃいいよ」「――それは母親の言っていいセリフじゃない!!」「まあそりゃそうかもしれないが、今その身体を使ってるのはお前なんだろ? リリアに至っては自殺までして捨てようとした身体だ……そうだろ?」 その言い分も一理あるが、やはり罪悪感が否めない

「と、とにかく話を戻しますけど、元に戻る手段としてはあまりに不確定すぎます! その魔法陣だって元々は遺書にも書かれている通り、別用途の魔法陣のはずだったんですから……」「女の身体を手放したくないからじゃなくてか?」「――くどいっ!!」「ははは……わかったわかった

あなたも好きかも:まくべ ブラックジャック
まあ確かに、偶然の産物だろうからねぇ」 再び遺書の裏に書かれている魔法陣を見る

「まあ私は魔法陣はそんな詳しくねえから、そっち専門の奴に聞いてみるしかねえな」「えっと……」「大丈夫だって

お前の都合の悪い奴には調べさせねえよ

こっちの伝手を使うから」 元冒険者の情報ルートを使うとのこと

この遺書は預かるなと言われ、ポケットの中へとしまった

「だがまあ、期待が薄いのもまた事実だろうな」「やはり、ないですか?」「まあな」 元冒険者として色々旅をしてきただろうリンナが、期待感の無い表情をするのは、やはり聞いたことがないのだろう、異世界への行き来の話を

「だがまあリリアを元に戻したいし、お前さんにも迷惑かけたし、巻き込んだ側としては帰してやりたいしな」「そうですね……」 俺も自分が戻ることより、リリアの方が心配だ