ミラクル スロット 初代

ミラクル スロット 初代

奴らの潜伏している地域を攻撃しても、吸血鬼たちを食い止めることはできないだろう

 しかし、レリエル・クロフォードの後継者であるアリアならば発言力がある

 彼女ならば、過激派の連中を説得できる筈なのだ

「アリア、死は罰なんかじゃない」「…………」「いいか、アリア

もし俺が仲間のせいで死んでそいつを残す羽目になったとしてもな、謝罪するために死んでほしいとは全く思わない

償いたいんだったら生きてほしいって思うんだよ

あなたも好きかも:スロット エウレカ2 モード
…………ここで死ぬのはただの自己満足にしかならんぞ」 かつて、リキヤは若き日のエリスを説得する時もこう言った

エミリアの許婚だったジョシュアによって彼女が殺された時に、計画に加担してエミリアを死なせてしまったことを悔やんでいたエリスを説得し、ネイリンゲンまで連れ帰ったのだ

 エミリアの亡骸を背負いながら、エリスを連れ帰ろうとするリキヤの姿がフラッシュバックする

あなたも好きかも:爆サイ スロット 中山
けれどもこれは、私(ガルゴニス)が見た光景ではない

あなたも好きかも:京都 峰山 パチンコ
あの頃は、私はまだ封印されていたのだから

 涙を拭ったアリアがこっちを見上げる

「だから生きろ

ディレントリアに戻って過激派の連中を説得するんだ

いいな?」「…………分かったわ」 彼女も、同胞をこれ以上死なせたくない筈だ

 レリエルが封印された後に本格化した人間たちの反撃によって、吸血鬼たちの数は一気に減っている