パチンコ ヴァンヘルシング 保留変化

パチンコ ヴァンヘルシング 保留変化

「キャスバート君」「あ、はい、続けます」 サファード様のお声がけに応じて、もう何度目かの土を手にとった

あなたも好きかも:スロット タイヨーエレック
感傷に浸っている暇はなくて、とにかくベンドル軍を潰さないことには家に帰れないからな

あなたも好きかも:スロット ddt
「……本来ならば、こういった鉄臭い仕事は僕や兵士たちだけでやれればよかったんですが」「いえ

あなたも好きかも:パチンコ ガロ ハンマー
俺だって一応、兵士の端くれだったわけですし」「ははは

そうでしたね、君は特務魔術師でした」 何か淡々と会話してるけどさ

 俺は土魔術で魔獣や敵を撃ち落としているし、サファード様は……あ、今一人の首はねた

「ともかく、我が愛しのメルランディアのもとに帰りたいので邪魔はされたくありません」「俺も、とっとと帰ってサンドラ亭でご飯食べたいです」 土の弾の雨を撃ち上げて、数に物を言わせようとしていた中型鳥魔獣の群れにぶち当てる

何しろ数だけは多いから、適当に撃ってもあたって落ちるんだよな

落下する一羽に巻き込まれて落ちるやつもいるし

「よおし! 貴様、一端の武人と見たでござる! 縛って持ち帰るでござるよおおおおお!」 ……何か、ファンランはいい獲物見つけたらしいな

頑張れ、相手の人

 いや、多分ファンランの方が強いって思ったからさ

俺の魔術も上乗せしてるし、なんとかなるだろう

「とりあえず、邪魔ですっ!」 シノーペの撃つ岩の弾が、再び飛び立とうとした鳥魔獣たちを貫く

巻き込まれて落ちたやつなんかは、空に復帰しようとするからな

 っと、一部の敵軍が態勢を立て直そうとしてるな

味方は、いない

「土魔術、タイプ壁、隆起しろ!」 その真ん中を狙って、地面経由で魔力を流し込む

防御用の壁を作るのと同じ要領で、シノーペが乱発していたアッパーをその場にいる連中に炸裂させたわけだ