寒河江 パチンコ データ

寒河江 パチンコ データ

 やがて、案内役が足を止めたのは、広い空間の突き当たりだった

そこには扉がひとつあり、上部には電光掲示板のようなものがあった

それが電光ではなく、魔晶石の光だということは、考えるまでもなくわかる

ここは元魔晶技術研究所なのだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 意味
魔晶技術とは、魔晶石の光の力を転用した技術であり、元研究所たる城塞の各所にはその結晶とも呼べる代物ばかりあった

 この昇降機も、そうなのだろう

あなたも好きかも:2009年 スロット
 セツナは、その波光掲示板に表示される数字を読み取って、その扉の先にあるものが昇降機であると推察し、案内役が扉の横に設置された電鍵(この場合は波光鍵、魔晶鍵というべきだろうか)を押した直後、扉が開いたのを見て確信した

あなたも好きかも:フィーバークイーン パチンコ
 扉の内側は、箱形になっており、案内役がウルクに乗り込むよう促した

ウルクは、まずセツナたちが先に乗り込むべきであるといい、セツナはそれに従った

ウルクが先に乗り込むと、案内役は、ウルクだけを連れて行ってしまう可能性があるからだろう

案内役がセツナたちまで認識してくれているかどうかは、不明だ

 とはいえ、いまのところ、セツナたちが魔晶人形や兵器群に攻撃されていないことを考える限りでは、敵視されていないと考えていいだろう

(油断するべきじゃないが……) 昇降機の中に乗り込むと、扉の脇にいくつもの電鍵が並んでいることを確認できた

昇降機の中は、決して狭くはない

セツナと魔晶人形たちが乗り込んでも、まだまだ余裕があるのだ

それは、この施設を使っているものにとって、それだけの広さが必要だからだろう

 案内役の操作によって、昇降機が動いた