パチンコ エヴァンゲリオン シト新生

パチンコ エヴァンゲリオン シト新生

あなたも好きかも:スロット 戦国無双2 解析
エレベーターへ続く通路を歩いている最中にミサキが「私もあの魔族の方とお友達になれないかしら」と呟いたので、アルデハイトが呆れた顔をしながら、「お勧めできません

魔族には他に沢山、話すに値する人格者がいますよ」「でも、タカユキ様とお話できたのでしょう?もう私の間接的なお友達です」「……面白い……私は……いいと思う……」マイカはあっさりと賛同した

アルデハイトはため息を吐きながら、「モルシュタイン家とローレシアン王家が繋がるのは良いことですが……

 果たして、あのウツケの頭に、その崇高な意義が分かるのでしょうかねぇ」「タカユキ様はどう思われます?」ミサキに綺麗な顔を向けられた俺は、「うーん

わからないですね

でも友達になる時はなるもんですよ」そして、なれない時は努力してもなれない

こればかりは相性である

あなたも好きかも:トータルイクリプス スロット アプリ
「そうですよねっ

私、今日からここに通って仲良くなってみます」ミサキはやる気になったのか、顔が上気して目が輝きだした

ミサキを女王執務室まで、無事送り届けた俺たちはホッとした顔をしながら王城の自室へと戻る

当然三人とも行き先は同じである

若干納得いかないが、まぁ、寝室も多いからいいか

と俺は扉を久しぶりに開けた

部屋の仲は冬だからと言うには、異常に冷たい空気が張り詰めていた

マイカがアルデハイトに目配せして、腰を落とす

俺も何者かの気配を感じて、腰の彗星剣を抜いた

アルデハイトがリビングを見回して一番手前の寝室の扉を指差す

俺が先頭になって、慎重に開けるとそこには……

「ライーザさん!?」茶色いロングヘアーを振り乱してベッドでスヤスヤとライーザが寝ていた