パチスロ サンダーvリボルト

パチスロ サンダーvリボルト

「例えば、何事にもリスクを伴いますが、等価交換と言うばかりではありません

 喉元過ぎると熱さ忘れると言いますが、まさにリスクと成功とはその様なものです」「えーと、ワハちゃんお願い

ちょっと難しいわ」とうとうタガグロが訳しきれずにワハにバトンを渡す

「んとですね

反物質の支配する虚数空間に存在する係数を 我々の周囲のみ、独自コードに構築し直し続けることで 実時間の歪みによるズレを短期間ならば、修正し続けることができます

 ……何のことですかー?」ワハに不思議な顔で首を傾げられて、俺は適当に勘で推測して答える

あなたも好きかも:ドテチン パチンコ タクシー
「つまり、冥界に入ったときの時間の歪みを 短い時間なら、にゃからんてぃが何とかできるんだな?」にゃからんてぃは元気良く頷いて、俺の肩に飛び乗り左肩を連打する

当たっていたようだ

あなたも好きかも:バンドルカード ドコモケータイ払い
「にゃかやるやん!!」タガグロに肩を叩かれてにゃからんてぃは照れている

「よし、よくわからんが話は纏まったな!! みんな行くぞ!!モナーク婆の孫の敵討ちだ!!」何故かセイが音頭をとり、仕方なくみんなで「おー」と拳を振り上げる

あなたも好きかも:パチスロ(旅
その背後でモナーク婆は目頭をまた拭っている

その後、しばらく皆でモナーク婆のもってきた食料を食べ休憩、さらに十分準備をしてから村の奥にある左右に植物が生い茂っている小道へと全員で入っていく

俺は危険なので一応反対したのだが、マイカたちはワハを連れて行くらしい

にゃからんてぃもそれに対して肯定的な意見を示したので何か深い意味があるのかもしれないと、一応従うことにした