あたしの帰る場所 スロット

あたしの帰る場所 スロット

そうラスティアラとマリアから聞いた

あなたも好きかも:スロット かっこいい
 だから千年前の僕も、『記憶』ではなく『血』と『魂』の保全を優先したっていうのか

ならば、記憶のないことに説明はつく

あなたも好きかも:スロット 男塾 朝一
 ――いや、違う

 きっと、この状況は、もっと大切なものを優先した結果だ

いまの僕と同じように、相川渦波の『血』と『魂』より『記憶』を優先したはずだ

 しかし、その大事な大事な『記憶』よりも優先するべき『何か』が、千年前にはあったのかもしれない

 その『何か』のために――「僕は記憶全てを失った?」 そして、その『何か』の予想はつく

 妹の相川陽滝

それ以外は考えられない

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット ビッグ中
それならば、何もかも犠牲にする理由もわかる

「けど、陽滝はいないじゃないか……! ここにいない! いないから、僕はこんなにも必死になってるんだよ、くそっ……!!」 なら、何よりも優先した『何か』は陽滝じゃなかったということか? いや、それだけはありえない

『相川渦波』としてありえない

 ならば千年前に相川陽滝は人生を全うしたから、いないってことだろうか? 妹は病気が治り、幸せになって、千年前に天寿を全うした

もう僕は報酬を得ている? それならわかる

 わかるが―― しかし、それならば協力者である使徒シスと聖人ティアラを恨んでいる理由がわからない