北野 パチンコ コロナ

北野 パチンコ コロナ

王冠と長い髪の下の双眸の輝きが増している

「ジノよ

あなたも好きかも:吉宗 パチンコ 姫連
そなたはそのガンディアと共謀し、ベレルの転覆でも企んでおったか?」「まさか」 ジノは、あっさりと一蹴した

「もっと、単純なことですよ」「それはなんだ?」「ベレルは、すぐにでもガンディアの庇護下に入るべきです」 ジノが告げると、イストリアは愕然としたようだった

想定外の言葉だったに違いない

あなたも好きかも:平和 商事 パチンコ
「庇護下に入れ……? なにをいっている?」「我が国の戦力だけでは、国土の維持すらできないということが先の戦いで証明されたばかり

ガンディアが援軍を寄越してくれなければ、わたくしも陛下も、このように悠々と言葉を交わしてもいられなかったでしょう

ルーンベレルが戦火に包まれていたのは必定

ベレルが滅び去っていたとしても不思議ではなかった」「それは……わかっている

あなたも好きかも:カジノ 資金洗浄
だが……!」「ベレルが生きるためには、ほかに方法がありません

休戦協定を結んだジベルに頼りますか? それとも、ラクシャやミオンとでも同盟を結びますか? どれも現実的ではありませんな

ミオンくらいはこちらの言い分も聞いてくれましょうが、ラクシャやジベルが我が国と対等の間柄になってくれるとは、到底思えませぬ」 ラクシャが悪辣だといっていたのはイストリア自身だ

そして、ベレルの領土を少しでも奪いたいジベルと同盟を結ぶなど、ありえないことだ

心情的にも、実情的にも、あってはならない

かといって、ミオンも無理だろう

ミオンはガンディアの同盟国であり、ガンディアの意見を無視して他国と協力関係を結ぶとは考えにくい