アッキーナ パチンコ

アッキーナ パチンコ

 それに続いて、後ろからさらに二人

 彼らは、テーブルを持っていた

テーブルの上には、何枚かのいた状のものが置いてあった

 そしてテキパキと支度を始める

テーブルの上に、テーブルクロスをかぶせ、その上に木枠を乗せた

「木枠の中にある……あの人形が動くのか?」「んぅ

そうよぉ

ほら、あの人が持っている粘土板、あれを手にとって念じるのよぉ」「念じたら動くと?」「そうね

あなたも好きかも:パチンコ スルーチャッカー
念じたら姿が変わるわぁ

粘土板もね

あなたも好きかも:ユニークアカウント
少しぃ練習させてもらったらぁ?」 そうだな

 ロンロと暢気に話をしているうちに準備が終わったようだ

あなたも好きかも:西東京 パチンコ イベント
 セルベテが、両手に粘土板を抱えて近づいてきた

「さて、勝負しようではないか」 そして、彼は居丈高に言った