アリーナ パチンコ 埼玉

アリーナ パチンコ 埼玉

最初に出会った頃を思うと、だいぶ表情が出てきたなと思う

王宮の人達も、大分接しやすくなったようだ

「びっくりしたよ」「申し訳ありません、ギルドの人に秘密にと言われていて」「そんな所だろうね」風に王子の髪や揺れ、月が王子と私を包むように照らす

あなたも好きかも:出玉ランキング スロット
王子は私の手を取り、ガゼボまで来ると片足を折り、跪いた

「マリエッタ=ファリスレット嬢、私と結婚して下さい」まさかの王子からのプロポーズ

「だ、駄目です!」王子は意外そうな表情をして立ち上がった

「私の事は好きなのだろう?」首を傾げる私に、「グノワール卿に会いに行く時、好きだと言った」と言われてはっとなる

「——仲間——? 仲間ってそれ——どういう——」 男は錯乱した様子だった

けれど、それでトンチンカンなことを口走っている様子では無かった

仲間がいる

あなたも好きかも:スロット やり方 左打ち
一緒に来て欲しい

それは、およそ平和な世界とは無縁な言葉に思えた

「ああ、仲間だ——っ

アイツらから逃げ続けてる、ここで生きていく権利を奪われた仲間

私と同じ、見限られた人間達の逃げる場所がこの街にはあるんだ」 見限られ——ちょ、ちょっと待て! 生きていく権利を奪われた……⁈ じゃあ……何か

あの機械人形は——いいや、アレに命令を下していたあの男は——この街は、この人やその仲間と呼ばれる人達をなんらかの理由で切り捨てたってのか? それは……それはおかしい! 正義感だとか勇者として許せないとかじゃない、それは街の機構としておかし過ぎるんだ!「ちょ——っと、待ってください! この街は街の人を虐げている……って言うんですか? それも、生活を難しいものにするくらい」 男は平気な顔で頷いた

それが当たり前のことの様だった