パチンコ 勝った時

パチンコ 勝った時

 誓ったのだ

あなたも好きかも:デイライト スロット
あの子に顔見せできない真似はしないと

 けれども、もうどうしようもない

ゆっくりと剣を握る手が開き、すべてが終わってしまうとティアラが思いながらその場に崩れ落ち……てしまいそうになったところを誰かに抱き留められたと気付いた

「おっと、危ない」 それは男の声だった

「やあルビー、久しぶりって言っていいのかな? って、こら

この子を落としちゃうじゃないか? え、別にいやらしい気持ちはないよ

うん、そう睨むなって

あなたも好きかも:エヴァ パチンコ 限定 曲
ちょっと触っちゃってるのは仕方ないだろう?」 どこかで聞き覚えがある声が自分の頭の上から聞こえてくる

 それにそばにいたルビーが「ぐるるぅぅううう」と唸っているようだが、それはどこか親しげな、嬉しそうな鳴き声だとティアラは感じた

(ルビーが泣いている? でも、この感情はとても暖かい) 召喚主であるティアラに、ルビーの感情が流れ込んでくる

 圧倒的な喜びの感情が大波のように彼女の心を満たしていく