スロット 緑ドン2

スロット 緑ドン2

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 将 伝承モード
(エリファス様は人として育てられる愛を十分受けて、その上でどんな境遇の子供でも、育てる事への愛も兼ね備えた、優しいジュリアン・ザヘト様の跡目として素晴らしい方になられました)それは、もし誕生することが出来ていたなら恐らく情の厚い優しい女の子として歩むはずだった人生を、例えこの世界に存在出来る時間は"ここ迄"だとしても出来た事は、幸せな事に思えた

(何より、エリファス様は旦那様やアプリコット様が縛られた、貴族の柵に苦しまずに済んだ)その柵から逃してくれた、旅人に感謝をして再び口を開く

「―――銃という武器の担い手は、やはり皆さん優しい人になるようですね

そして改めて礼を言わせてください、本当にありがとう

シュトが来てくれた事で、私なりに色々この土地で考える事はありましたが、このロブロウという地を裏切らずに済みました」鼻の詰まった声ながらも、懸命に伝えるシュトの言葉に、年老いた執事の姿の時にも通じる笑顔を浮かべ、これで心置きなく"エリファスの真実"の姿を伝えることが出来る覚悟を決める

「……それでは、ワシもマーサさんに、シュトと共に改めて後でその話をじっくりと聞かせていただこう」"共に、このロブロウの抱えていた陰と、エリファス・ザヘトの過去を受けとめよう"これから旅立つロックの憂いと、という後ろ盾がいなくなる兄弟の事を請け負うグランドールの言葉に、この世界から姿を失せようとする女神は嬉しそうに微笑んだ

あなたも好きかも:シェクター ブラックジャック
「あら、アルセン以外に興味のない兄さんが、私の過去に興味を持つなんて、光栄だわ」妹の安心したような笑顔に、グランドールは口の端だけを小さく上げた

「それで、エリファスが消えた後に"何が"残るのかのう」「エリファス様が消えて残るのは」そう説明を口にしながら"彼女が産まれた"時の場面が、丁度シュトとジュリアンが入れ変わる様子でロックの頭に蘇る

―――"やはり"2つでは存在の自立は無理だ、3つ目を使わせて貰う

ジュリアンがそんな言葉を口にして、魔術に全く縁のない運命(うんめい)にすら生まれた人は、禁術を行う事で産まれた歪(ひずみ)を利用して、胸元にから魔法の絵本の一ページを取り出す

深謀遠慮の賢者と、地獄の宰相を受け止める才能をもった人物の魔力を注がれた、"穢れを溜めておくだけの神体"となる筈だった存在は、その一頁を以て女神としてこの世界に現れた

あなたも好きかも:忍者外伝 パチスロ
「……恐らくは、"魔法の絵本の一頁(ページ)"だと思われます」「アルセンが王都から持ってきた、今はネェツアークが持っている絵本かのう」「はい、そうです

元を辿れば、それは―――?」《そこは、本当の持ち主の名前を出す事は控えてもらえんかのう》ロックが言葉を続けようとするのを、グランドールが他の誰にも聞えない形のテレパシーをロックに送り牽制する

《その"魔法の絵本"が、元を辿れば持ち主として"今はこの世界にいない筈の人物"と同じ名前が出てきてしまう