スロット 音 クイズ

スロット 音 クイズ

いつだって不測の事態に備えているべきなのだ

「師匠?」「おかえりなさい」「さっきも、いいましたよ?」「何度いってもいいじゃない」「それは、そうですけど」「楽しんできたのね」「はい!」 エリナの返事を聞いて、ミリュウもう一度、彼女を慈しむように抱きしめた

エリナの華奢で、しかしながらしっかりと鍛え上げられた武装召喚師の体を感じ、体温を感じる

あなたも好きかも:花火 スロット 新台
最愛の弟子である彼女にもしものことがあれば、そのときは、きっと正気を保っていられないだろうという確信がある

それくらい、ミリュウはエリナを溺愛していたし、依存しているといっても過言ではなかった

 エリナを抱きしめ終えると、彼女を寝台に招いた

エリナは元気いっぱいそのものだが、体力を消耗しているのは疑いようがない

あなたも好きかも:膝丸 スロット
いつ眠りに落ちても構わないようにしておこうと考えたのだ

エリナが寝台の上に腰を下ろす

そのちょっとした動作を見る限りでも、昨日とは違っている

精神面で充実しているのだ

「でも、ひとつだけ残念なことがあって」「なに? なにか問題でも起きた?」「師匠も一緒が良かったなーって」「なんだ、そんなこと」「そんなこと、じゃないです!」 エリナがめずらしく怖い顔で、可愛いことを言ってくる

あなたも好きかも:府中本町 スロット
「師匠はわたしにとってとってもとっても大切なひとなんです! だから、どんなときでも一緒がいいなーって」「うふふ……可愛いこといってくれちゃって

そうね、今度の休養日には、あたしも御一緒させてもらおうかしら」「はい!」「あなたもね、ダルクス」 一瞥すると、武装したまま部屋の片隅に佇んでいた黒い戦士は、少しばかり驚いたようだった

こちらを見て、兜の奥の目をぱちくりとさせたように思えた

 それから、ミリュウは、エリナから今日一日でどこを回ったのか、なにを見て、なにを体験したのか、いろいろと聞いた

 アガタラ中を歩き回り、へとへとに疲れ果てながらも、昨日よりは遥かに活気を帯びたエリナの様子を見て、ほっとする