ポントゥーン

ポントゥーン

久しぶりだ」「寂しかった?」「当たり前じゃん

可愛いお姉ちゃんと離れ離れになっちゃったんだから」 ラウラがいなくなったばかりの頃は、離れ離れになったせいでかなり落ち込んだからな

おかげで射撃訓練の命中精度がかなり酷いことになったし、1人しかいないのに夕飯を2人分作ってしまったことがあった

それに、部屋のドアを開ければお姉ちゃんが待っているんじゃないかと期待してしまった回数も少なくはない

 彼女は俺にとって、それほど大きな存在なんだ

だから今度は絶対に離さない

 近くにあったソファに腰を下ろすと、すぐに彼女がのしかかってきた

あなたも好きかも:戦国おとめ 5 ぱちんこ カスタム
わざとらしく制服の上着のボタンを外し、大きな胸を揺らしながら微笑む

あなたも好きかも:フルーツ・ルート
 まさに、超弩級戦艦ラウラだな

 それにしても、旅に出たばかりの頃はピンクと白の縞々模様だったのに、今はもう黒い下着を身に着けてるのか

「おいおい、帰ってきたばかりだろ?」「いいじゃん

お姉ちゃんはね、久しぶりにタクヤにいっぱい甘えたいのっ♪」 ぺろりと俺の頬を舐めてから、彼女は小さな声で言った

あなたも好きかも:パチンコ 韓国籍
「それに、イリナちゃんは偵察に行ったんでしょ?」「あ、ああ」 イリナは今、バイクに乗って仲間たちと共に偵察に行っている

彼女以外にこの部屋で寝泊まりしている仲間はいないし、イリナが戻ってくるのは多分明日の朝だろう