スロット ジャグラー ブログ

スロット ジャグラー ブログ

護らなければいけないのだ

風音はタツオの母親なのだから

 だが身体が動かない

悔しさに顔を歪める風音をクロマルはそっと建物の裏手に置くと、後ろから付いてきていたタツヨシくんツインソードに護衛を任せて自分はすぐさま弓花の元へと戻っていった

 クロマルの主は弓花だ

クロマルが必死な表情で弓花の元へと向かっていくのが風音の目に映った

あなたも好きかも:パチンコ 松山 営業時間
「どうしよう……動かない

このままだと、逃げないと不味い……けど」 そして、クロマルに置いていかれた風音は考える

 もはや現状の戦力では撤退するしか道はない

あなたも好きかも:ブラックジャック ロリ
だがカルラ・カザネリアンが暴れ続ければ秋葉原どころから東京が壊滅しかねない

 銃弾をも跳ね返す防御力に心臓球とチャイルドストーンが連結されていることで活動限界があるのかすら不明なのだ

 それにあちらの世界と違って、風音たちはこの国の戦士たちと連携することもできない

彼らとの繋がりなど今の風音たちには何もない

 であれば、どうするべきか

そもそも逃げようとして逃げきれるものなのか

何かを考えなければいけないのに、その考えすらも疲労によって定まらない

それから風音がふと頭上を見上げたる

何かが近付いてくる気配がしたのを感じたのだ

そして、風音の瞳は光の球が下りてくるのを捉えた