バカラ 胴元

バカラ 胴元

……もうマジで、誰か頭の中に手ぇ突っ込んでくれって感じだ」 言葉通りなのだろう、不快に口を尖らせてへの字に曲げると、腕を下ろして無表情でいる弥生に目を据わらせた

「で? 話しって? 記憶のことか?」「……記憶のこと、と、言いましょうか……」 言葉を濁して目を逸らし俯くと、そのままか細く続ける

「あなたのためになるのかわかりませんが……お伝えだけ、しておきます」 ゆっくりと深呼吸をした後、いつも通り特に表情もなくキョトンとする立花に切り出した

「私たち、……仲良くしていました」 たったその一言で終わった――

 じっと向かい合ったまま互いに目を逸らすことなく見つめ合うこと数十秒

 しばらく間を置いて、立花は「……え?」と軽く顔を突き出して声を漏らした

あなたも好きかも:ドリーム・ビューティー
「仲良く? ……って? ……え?」 今と何が違うんだ? と言わんばかりの戸惑いで首を傾げられ、再び深呼吸を一つした後で弥生は続ける

「仲良くしていたんです

……一緒にいたり」 告げながら視線を落とされ、立花は真顔ながらも眉間にしわを寄せた

あなたも好きかも:kb パチンコ 三重県
「じゃあ……付き合ってたのか?」 様子からそうとしか思えない

 だが――「……いいえ

あなたも好きかも:モッピー カジノ アイテム
……付き合ってはいません」 軽く首を振って否定され、立花は「え? え?」と戸惑いうろたえて左右に首を傾けた

「仲良くしてたんだろ? 一緒にいたんだろ?」「……はい、いました」「一緒にいた、って事は……つまり……」「……そうですね

……そういう関係ですね」「……で、付き合ってない?」「……、はい」 目を逸らしたままボソボソと答えられ、怪訝に問い掛けていた立花は気難しく眉を寄せてしばらく考え込むと、「……はは」と頬を引き攣らせて笑った

「た、確かにおまえとは、なんか……他の奴らとは違う変な感じはしてたけど……な」 何をどう言ったらいいのか、と、困惑して目を泳がせながらもぎこちなく笑う気配に気まずさを感じ、弥生はハッと顔を上げた

「だからといって遊びではありません

……それだけは確かです」 どうやら体だけの関係だと思われてしまったようだ

 勘違いしないようにと付け加えると、立花も顔を上げて安堵の笑みを溢し、肩の力を抜いた

「だ、だよな