コード ギアス 反逆 の ルルーシュ r2 スロット

コード ギアス 反逆 の ルルーシュ r2 スロット

そのすべてが〝圧縮言語(レリップ)〟と呼ばれる書体だ

 これが魔術の基本だ――と、父に半ば騙される形で、一番最初に習得したのが、これである

一文字だけで莫大な情報量を持つ字だが、それらは必ず〝記憶〟と関連付けされており、本来では文字だけを他者が読んでも解読できるものではない

 記憶を無数の引き出しとするのならば、その引き出しの番号が圧縮言語そのものだ

言うなれば、風化するはずの記憶を、この言語で記すことで記録に変換しているような形であり、厳密に言えばその両者の中間になるのだろう

けれど、少なくとも十六年の人生の中で、知らない第三者がこの文字を使っていたことなど、今までなかった

 そういうものなのだろう、と思う

あなたも好きかも:パチスロ 新台 6号機
時代が流れるに従って風化してしまった技術、技法なのか、それとも――最初から、特殊性が高く、迎合可能な適正を持つ者が少なかったのか

あなたも好きかも:うらまる パチンコ
いずれにせよ、教えた父は、圧縮言語を使えなかったのだから、どうかと思う

理念だけを教わって現実にしたリンドウの実力とも思いがちだが、この技法はかつてよりあったのだから、それを擬えたことが成果になるはずもない

 ――でも、なんのために? 十六年の歳月をすべて記してはいないが、未だに一冊は終わろうとしない

自分一人の人生ならば、いわゆる日記のようなものなら、この一冊で終わるのではないかと、そう思うほどだ

あなたも好きかも:スーパー乙姫チャンス パチンコ
文字通りの圧縮された言語、それが技術として確立していたとして、一体何を記すために使われていたのだろう

 そんな疑問は随分と前に抱き、そして結論が出ていない

 一度、実家に戻ろうかな、なんてことを考える

こうして旅をしているのは知識を蓄えるのが第一で、術式の研究そのものにはあまり没頭していない

というのも、研究をするのならば居を構えたいと考えていて、それならば実家でやった方が都合が良いのだ

もちろん、だからといって研究していない、なんてことはないけれど