dq11 スロット 3ds

dq11 スロット 3ds

送れる物は送っちゃったから」 足を止めた先にベンチなどはない

 立ち話、ということは、鈴菜自身も長居をするつもりはないのだろう

 笑顔の彼女に、「そっか」と勝則も微笑み、苦笑いに変えた

「でも……いろいろ突然で、あっという間だね」「あっ、ホントにごめんねっ」 鈴菜は思い出したように目を見開いて、申し訳なくガバッと頭を下げた

「勝則君にはよく遊んでもらっていたし、言おうかどうしようかって思ってたんだけど

あなたも好きかも:パチンコ 韓国人
でも、言ったら言ったで、勝則君、すごく心配しちゃうだろうし、って考えちゃって

あなたも好きかも:カジノ無料ボーナス
ホント、黙っててごめんね」 その言葉を聞いて、少し、ホッとした自分もいた

「……そうか

あなたも好きかも:パチンコ 沼 再現
話そうかどうか、考えてはくれていたんだ」と

 ペコペコと何度も頭を下げられ、勝則は「ううん」と寂しげな笑みで首を振った

「いいよもう

……白川先輩みたいに黙っていなくなったりしなかっただけマシだよ」「そう

私もそれだけは絶対にしちゃいけないって思った」 自虐的な笑みを浮かべて肩をすくめながら、鈴菜は軽く一息吐いて気を改め微笑んだ

「ホントに、いろいろありがとう

たくさん相談に乗ってくれて、話も聞いてくれて、遊んでくれて

……すごく楽しかった

いい思い出が出来た」 にっこりと笑ったあと、「あっ」と思い出したように携帯電話を鞄から取り出す