スロット bgm

スロット bgm

 エマ、フォンセ、リヤンの三人もライとレイのように墓を見渡し、ふむと小さく頷く

「確かにそうだな

何でこんなに墓が必要なんだ? 見たところ此処は無数にある墓の一角

まだまだありそうだな」「──ああ

あなたも好きかも:スロット レイヴンズ
まだまだある

此処にある墓はほんの一割程だからな

平たく言えば……この山岳地帯、全てに数十万の墓がある」「「「…………!」」」「「……!」」 その様にライたちが疑問に思っていた時、近くにある木の上から誰かが話し掛けてきた

ライたちは警戒を高めて視線を向ける

「なんか、よくこんな事があるな

あなたも好きかも:エヴァ 機械割
最近は気配を消して話し掛けてくるのがブームなのか?」「おっと、警戒させてしまったのなら謝罪しよう

別に君達に敵意がある訳じゃない

墓地に観光客が来るのは珍しいからな

今日は何時もより街に人が多い

それも珍しい」 軽く笑い、木の上に居る者に返す

その者は謝罪を申した

同時にその容姿が視界に映る