熱海 ゴリラ パチンコ

熱海 ゴリラ パチンコ

 先ほど、彼女は『血』を貰うと口にしていた

 つまり、言ってしまえば、エミリーは僕の代わりをやってくれている

 このまま放置すれば、昨日まで僕に稽古をつけてくれた魔法『ティアラさん』の人格は消滅するだろう

エミリーに身体を明け渡す気はなさそうだし、ティアラさんだって乗っ取る気なんてない

あなたも好きかも:パチスロ 逆万枚
その力の残る先が、僕からエミリーに代わるだけで、僕の最優先事項である『ラスティアラの安全』は確保される

 安心の展開と言っていい

 ただ、感情として――ちょっとした苛立ちがあるのも否めない

 ティアラさんは名指しで、その力の後継者に僕を選んでくれた

あなたも好きかも:横綱物語 パチンコ
 いわば、僕が力を得るのは正式な手続きを踏んだ遺産相続のようなもので、それをエミリーが横からかっさらおうとするのは――強盗だ

 騎士として、強盗を行う犯罪者を見過ごせないという気持ちがある

その感情に従って、まず僕は絶対安全な範囲でだが、できる限りの揺さぶりをかけにいく

「なあ、エミリー

あなたも好きかも:パチンコ 東大宮 営業時間
理由はなんだ? もしかして、金が足りなかったのか?」 刺激しないように、ゆっくりと動機を聞く

 僕が対話だけを望んでいるとわかってくれたのか、エミリーは警戒を少し緩めてから首を振った

「違うか

なら、これをアルのやつも知ってるのか?」 エミリーの相方の名前を出す

すると、彼女は焦った様子で弁明する

「アルは知りません

知ってたら絶対に止めてます