パチンコ 物語 シリーズ セカンドシーズン 評価

パチンコ 物語 シリーズ セカンドシーズン 評価

「いやあ、仮に私にその気があっても、身分が違うから無理でしょう

周囲の貴族たちの反対に遭いますよ」「その辺りはまあ

あなたも好きかも:パチンコ 革命機ヴァルヴレイヴ2 セグ
普通の感覚だとそうでしょうね」 にゅる、と口の中でプディングを潰しながら、ブリジットは器用に笑った

「しかし――――」「問題はそこではなくて、メイスフィールド(パスカル)伯もそうでしたけれど、ブノア伯もかなり特殊な性的嗜好をお持ちですし―――正妻が無理なら側室でもいいじゃありませんか」「ばっ……」 馬鹿らしい、と言おうとしたのを、ブリジットは真面目な顔で制した

あなたも好きかも:パチンコ メガガイア 東大宮
フェイ先生も

魔術師殿の保護者である―――トーマス氏ですか、あの方も

大まじめですよ

王子様と人並みの幸せを提供したいと思っているのです」 人並み? 幸せ? 王子様との結婚が? 数多の人名を奪ってきた、スキルの塊である、この私が? 今更そ(・)ん(・)な(・)も(・)の(・)に何の意味が? 宮中残酷物語みたいなお話がここから語られるとかウンザリなんですけど? 逡巡している私に、ブリジットがしなやかに言った

「人として心配されているだけなんじゃありませんか?」 その言葉を聞いて、少しだけ、お腹が温かくなったような、そんな気がした

――――あれ? まさか……………

主人公がメガ進化かっ……!

【王国暦122年4月21日 14:31】 多分、始(・)ま(・)っ(・)た(・)

あなたも好きかも:マクロスデルタ スロット 設定6 グラフ
 お赤飯だ

 でも、すぐに収まった

出血もほんのちょっとだった

 自分で自分の『鑑定』ができないのでわからないけど、血が止まったのは、どこかで『出血耐性』みたいなスキルを覚えていたからかもしれない

もしくは『自然回復(強)』みたいなスキルのせいかもしれない

「ふんふんふーん」『黄金虫亭』の一室で、普段履いているカボチャパンツ(もう『洗浄』しておいたよ!)から、自作のセクシー(?)下着に履き替えて、簡易ナプキンを装着する

うん、案外いいものじゃないか