カムサ スロット

カムサ スロット

……どうしよう……―― フラ……と体が揺れ、「あ

危ないかも」と脳裏で思ったときには「ドンッ!」と体を壁にぶつけていた

「大丈夫ー? どうしたのー?」 外から生美が心配げに声を掛けてきて、目が覚めた優樹は顔を赤くして慌ててジャージを着込んだ

「な、なんでもないっ

あなたも好きかも:郡山 イオン パチンコ
ちょっと……眠気がっ」「……

なんで眠気?」 訝しげな声に、「……

な、なんでだろ」と、戸惑い答えながら、今度は生美のポーチの中からレッグウォーマーを出し、ジャージの裾を上げてそれを履く

が、バランスを崩してまた「ドンッ!」と体を壁にぶつけてしまった

「ちょっと何してんのあんた?」 呆れるような声に、優樹は慌てて両足に履いてジャージの裾を下ろし、ドアを開けて出てきた

あなたも好きかも:ミリオンアーサー パチスロ
 恥ずかしそうに顔を赤くしてジャージを伸ばす優樹に、生美は苦笑してコートを渡した

「まさか、一人でちゃんと着替えも出来ないの?」「で、出来るよーっ」 口を尖らせながらコートを着て、前ボタンを閉じる

モゴモゴして少し動きにくいが、寒さがなくなった

「いける?」と問う生美に頷き、二人でそこを出て教室へと向かう

すでにみんなが集まって廊下で話しをしている姿を見つけると、足早に駈け寄った

「待たせてごめんね……」 優樹が申し訳なさそうに声を掛けると、和美が少し心配そうに近寄ってきた

「大丈夫?」「うん

ありがとう」 優樹は笑顔で答えて反町を見た

「流君、ありがとう

……すごく暖かい」「うん」「……寒くない? 大丈夫?」 不安げに首を傾げられ、反町は苦笑した