パチスロ タバコ臭い

パチスロ タバコ臭い

 カナミの言う通り、もう俺は――「もう限界だ

君は迂遠な『血の理を盗むもの』の『魔法』の使い過ぎで、空っぽになってしまった

あなたも好きかも:4月 新台 パチスロ
……けど、僕は違う

まだまだ戦(や)れる」 指摘して、カナミは上を向いた

 そこに俺とカナミの最大の違いがあった

「地上(うえ)で『終譚祭』が続く限り、僕には無限の『魔の毒』が供給され続ける

そして、ただ形振り構わずに戦うだけなら、小難しい次元魔法は要らない

僕という大きな蛇口を捻って、基礎属性の魔法を使い続けるだけで――」 離れた距離で、カナミは腕を持ち上げる

あなたも好きかも:ゴールデンウィーク スロット イベント
 不味い

 接近戦ならば、『剣術』のおかげで俺が上回っていた

あなたも好きかも:イミソーレ スロット 打ち方
 しかし、それには「もう付き合ってやらない」と言うように、中距離でカナミさんは片腕を振った

 魔法が放たれる

「――魔法《【フリーズ】》」 氷結属性の基礎中の基礎、《フリーズ》

 もちろん、いまのカナミが使えば、次元が違う

 腕の一振りで季節が変わったかのように、周囲の気温が急激に低下した