アピア パチンコ 八千代台

アピア パチンコ 八千代台

レイは無言で力を込めて放つ、居合い斬りを

 レイとフォンセがバラバラに放ったのならばそれは意味が無いだろう

九尾の狐が引き起こした流星を止められる筈が無い

 しかし、半覚醒状態のレイと禁断の魔術を使用したフォンセならばまた話は変わってくる

九尾の狐と流星に放たれた二つの技

あなたも好きかも:reゼロ スロット 完走後
それは九尾の狐と流星に衝突した、目映い光を醸し出しながら周囲は白く包み込まれた

*****『ホホ、ホホホ……やったぞよ

遂に憎たらしい娘共を仕留めたわ!』 光が晴れた瞬間、その光の中から現れた九尾の狐が勝利を確信するような高笑いを浮かべていた

九つの尾を揺らし、歓喜に震えた様子で高らかに笑う

現在、九尾の狐の眼前には、流星によって影も形も残っていない草原跡地が広がっていた

あなたも好きかも:ネット カフェ パチスロ
『フム、出来るならばもう少し痛め付けたかったが……致し方あるまい

あなたも好きかも:ヤッターマン スロット やめどき
惜しいとは思うが、あのまま粘られる方がストレスじゃった』 九つの尾をパタパタと動かし、砂埃を舞い上げながら不敵な笑みを浮かべる

もう既に戦闘が終了した気となり、それが態度に表れているのだろう

 ──だから、気付かれなかった

「──やあ!」『……何ッ!? 貴様……生き……!?』 虚空から姿を現す、勇者の剣を握り締めたレイの存在に

 飛び出したレイは完全に油断した九尾の狐へ剣を振り抜き、着地と同時に斬り付ける

斬られた九尾の狐は頭が地に落ち、次いで紐の切れた人形のように動かなくなる