鳥 パチンコ アプリ

鳥 パチンコ アプリ

 治安の悪い地域の近くに建つ荘厳(そうごん)な屋敷は、どうあっても生存本能や加虐心に昂ぶる与太者たちの目につく

 襲撃を受けないわけがない

 一体、誰が守っているのか

「余計に首突(くびつ)っ込(こ)むもんじゃないか」「どうかしたのかい?」「いや、いや」 案じるアストレアの声に笑って答える

「新しい職への不安をな」「…………ふうん」「どうした?」 アストレアが思案顔で立ち止まる

 一歩先からキルトラは振り返った

「キルトラ」「ん?」「この屋敷に来たのは、偶然では無いんだろう?」「ッ…………」「ほら、やっぱり」 アストレアが寂しげに笑う

あなたも好きかも:カジノ 入金不要
 キルトラは沈黙した

 だが、それが何よりもの答えとなっている

「誰かに頼まれて屋敷を調べに来た?」「……………違う」「じゃあ、隙を見て僕を捕らえるとか?」「それも、違う」「…………仕事なのは、本当に否定しないんだね」 アストレアは俯いた

あなたも好きかも:スロット 鬼武者
 悄然(しょうぜん)とする姿にキルトラは奥歯を噛む

 たしかに

 誰かに依頼されて仕事として来ている

 それは紛れもない事実だった

 アストレアを利用しているのも否(いな)めない

 依頼であることは悟られることなかれ、それがイオリからの要求ではあるが、問われた瞬間に罪悪感と守秘義務(しゅひぎむ)への意識が鬩(せめ)ぎ合い、前者が勝ってしまった

 もう戻れない

 この一月で理解してしまった