鬼武者3 スロット キャラ

鬼武者3 スロット キャラ

それはまず間違いなく、女神の加護や数多の支援がないからだろうが

あなたも好きかも:スロット ジャグラー アニバーサリー
《セツナの名を騙るものが現れるたび、期待に胸を躍らせ、瞼を開けた!》 ラグナの聲が、魂の悲鳴のように聞こえた

《セツナが迎えに来てくれたのだと、心の底から喜び、涙で前が見えなくなるほどだった!》「ラグナ……おまえ、そこまで……」 セツナは、彼女の悲痛な叫びを受けて、言葉にならない想いでいっぱいになった

ラグナが自分のことを想ってくれているということは、遙か以前に知っていたこと、理解していたことではある

でなければ、セツナのために命を燃やしてくれたりはしないだろう

そんなことは、わかりきっていたことだ

あなたも好きかも:パチンコ near me
だが、いま再び、彼女の本音を聞き、改めて認識したのだ

 ラグナの愛を感じる

《じゃが、現実はどうじゃ!》 ラグナが、翼を羽撃かせるだけで極めて広大な範囲の大気がうねり、凄まじいまでの嵐が巻き起こる

あなたも好きかも:リゼロ スロット 上乗せ 最高
天災そのものといっていいのではないか

そう思えるほどにラグナの力は強大で、セツナは、彼女の説得のため、近づくことすら困難だった

《どいつもこいつもセツナの名を騙る偽物ばかり! わしの心を踏みにじり、わしを殺そうとするものばかりではないか!》 痛みに満ちた叫びは、彼女が散々期待に裏切られてきたことを示すようだった

《わしは、わしはただ、セツナを待っているだけじゃというに……!》 ラグナが、泣いているように聞こえた

「だから、迎えに来たんだろ!」 セツナは叫びながら、ラグナの魔法をかいくぐり、頭部への接近を試みた

しかし、咆哮とともに横殴りの突風が殺到し、弾き飛ばされてしまう

防御障壁のおかげで痛みこそないものの、大きく吹き飛ばされ、ラグナに近寄るどころか遠ざかってしまった