スロットマシン 初代

スロットマシン 初代

凄まじい熱量に、全身から汗が吹き出す

あなたも好きかも:パチンコ センチュリー朝霞台
死は、いつだって覚悟していた

呆気無く死ぬことだって、あるだろう

あなたも好きかも:パチンコ うざい奴
彼女は、せめて一矢報いるためだけに槍を突き出した

熱気が、髪を焼き、皮膚を溶かす――錯覚

「うがああああああああああああ!」 レスベルが、悲鳴を上げながら、怒気を撒き散らした理由は、即座にはわからなかった

わかるはずもなかった

 シーラは、レスベルの巨体が吹き飛ばされていくのを呆然と見ていた

あなたも好きかも:パチンコ 優秀
左腕が血を吹き出しながら空中を舞い、炎の鎚が熱を失う瞬間も、見届けた

鬼が踏み止まって転倒を阻止し、雷の槍を振りかぶるのも、見た

「貴様あっ! ぶっ殺すぅうううううう!」 そして、鬼の視線の先に、漆黒の戦士が突っ立っているのを認識する

「皇魔って、案外おしゃべりなんだな」 黒き矛のセツナは、そんなことをいった

「断末魔しか思い出せないんだが」 彼の姿が、シーラの視界から消えた直後、レスベルの巨躯から首が切り離されていた

切り口から鮮血が噴き出すと、セツナの姿は掻き消えていた

「血を媒介とする空間転移……黒き矛の能力のひとつ、ですかねえ」 セレネ=シドールの自信のなさげな解説を聞きながら、シーラは、手で額を拭った