とある パチンコ 楽曲

とある パチンコ 楽曲

ほんと苦労かけるなあ

悪いなぁ

と思いながら相変わらず言い争っている当人とセイを見つめる

あなたも好きかも:パチンコ 管理職
「あの……ご飯食べてよろしいでしょうか……」と下手に出ながら訊いてみるが「は!?」と同時にこちらを睨んでくる二人から視線を反らして もう放っとこうと言う事で、マイカたちと共にテーブルに並べられた朝食を食べ始める

あなたも好きかも:コードギアス 反撃のルルーシュ パチンコ
言い争っている二人を背景にしつつ「今日、ガルモウグ討伐のための会議なんだよな?」マイカに食べながら問う

マイカも飲み物を飲みつつ「……うむ……久しぶりに……展開が……ゆっくり……だな……」 「そう言われてみればそうだな

接待とセイ関連で一日使った気がするよ」 「……たまには……それも良い……結果的に……利に……なりそう……だ……」 「まあな

あなたも好きかも:神戸市 青木 パチンコ
セイも多少はマシになったみたいだしな」 死刑は止めると言ったらしいので、それだけでも進歩である

モグモグとマイカと二人で食べる

にゃからんてぃは俺の膝で丸まっている

俺たちが食べ終わった頃に言い争っている二人が取っ組み合いのケンカを始めそうになったので マイカと間に入って止めて、セイに服を着ろといい アルナにはガルモウグ討伐会議の時間を聞いてくるように頼んだ

「あと、ゆっくり朝飯も食べてきたら?」 「そっ、そうでしゅね……アホの相手して疲れました」アルナはそう呟いて、部屋の外へと出て行く

そう言えばあいつ幾つだっけな

セイは魔族の成人が確か五十歳なので、その辺りなのは間違いないが アルナは十六~八くらいだったような

圧倒的に年の差が有るのに、同レベルの戦いか……

黒ブラの紐を肩にかけなおしながら寝室へと入っていくセイを横目で見る

アルナが戻ってくるまで、三人で準備をする

にゃからんてぃは部屋のソファに丸まって寝てしまった

服を着て寝室から出てきたセイに声をかける