シンフォギア パチンコ デス

シンフォギア パチンコ デス

「まあ、優樹」 カウンターに置かれてある次の料理を運ぼうとした優樹に、真里乃が訝しげな目を向けた

「何か付いてるわよ」「ん? どこ?」「ほら、お腹のところ」「ん?」 指摘されて見下ろすと、ミートソースだろうか、いつの間にか白いエプロンにピタッと付いている

優樹は「あー……」と、残念そうに顔を歪めるとそのまま指先で掬おうとし、「ダメダメっ」と、真里乃が慌ててキッチンから出てきた

「広げちゃうでしょ?」 まったくもう、と、呆れるようにため息を吐くと、腰を曲げて、一緒に持って来た濡れ布巾で丁寧に拭き取る

優樹はそれを見下ろした

「取れる? 大丈夫そう?」「……お食事時にあなたに白いものを着せちゃいけないって、忘れていたわ」 真里乃の情けない声色に、みんなが「ブッ」と吹き出し、顔を背けて「クククッ」と笑う

優樹はムッと目を据わらせると、何とか拭い取って顔を上げた真里乃を見上げた

「どこかで付いただけなのにー」「どこで付けたのか、わかっていないでしょ?」「……

あなたも好きかも:ドロロン えん 魔 くん スロット ゾーン
わかんないけど」「だから駄目なの

あなたも好きかも:おっさん オンラインゲーム
ぼーっとしているからよ

ちゃんと注意しなさい」 「メ」と、まるで母親のような怒り方をする真里乃に、やはり、まるで彼女の子どものように優樹は拗ねて口を尖らす

 良子は苦笑すると、「はいはい、二人とも、並べてちょうだい」と、食事運びを促した

 全部のメニューが揃うと、優樹は空いている席、生美の隣に腰掛け、良子と真里乃は、二人で別のテーブルへ

そして、みんなで「いただきまーすっ」と食事を始めた

 それからは談笑が続き、午後から何して遊ぼうか、という話題で盛り上がる