パチスロ うるさい

パチスロ うるさい

片目を開けてそっと窺えば、慎重な眼差しでこちらを見ているぞくりとする程に美しい魔物がいる

真夜中の暗闇の中でも、その瞳は身を切るほどに鮮やかだ

「怖い夢を見たのかい?」「……………どうでしょう

あなたも好きかも:上越 パチンコ おすすめ
ディノは、私が見ている夢だったりしますか?」「困ったね

私は夢ではないと思うよ」少し体を起こして丁寧に髪を撫でられて、その心地よさにうっとりと目を細めた

こういう気持ち良さは、両親からしか与えられたことがなかったが、他の誰かからも貰えるものらしい

魔物が知らないことも多いが、こうやってネアだけが知らないことも多いのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 耳鳴り 頭痛
「…………もっとです!」「いいよ、ご主人様

いくらでも」甘えると嬉しそうにするのはなぜだろう

こういうことは、ネアにもよく分からない

他人を愛したり愛されたりすることは、随分と高みの出来事であった

形式としては知っているものの、自分には向かない戦場だったらしく、実際の運用がわからない

主に心と犠牲心のバランスは、とても複雑なものだった

あなたも好きかも:パチンコ 目押し 店員
(例えばここで、ずっと頭を撫でていて欲しいから、今夜は隣で寝ればいいのにと言ったら、私は横暴なのだろうか)よく分からない場合は欲望に忠実な暴君になるのだが、大事さの天秤が魔物の側に傾いてくると、あまり粗雑に扱いたくないという欲求も出てくる

だとすればここは、もう巣に戻ってゆっくり寝ていいよとなるのだろう

(待つのだ

……こうして寝台に既に上がってるということは、今夜はお泊まり会をしたい寂しん坊の日なのかもしれない!)それだととても好都合なので、魔物の要求を飲むフリをしてこのままにしておける

「難しい顔をしているね