akb スロット 筐体

akb スロット 筐体

 そして、彼女の口から出た言葉は……「別れて……ください」 振り絞る震えた声に、反町は表情をなくして固まった

 ……まさかいきなりそう来るとは

 窺っていた洋一は、「なんの話もしないうちに突然すぎるだろ」と、内心呆れつつ深く息を吐いた

これではさすがに混乱を招くだけだ

 その考え通り、唐突な展開に事情がわからない反町は大混乱だ

「えっ!? なっ、なにっ!?」 今まで違う空間にでもいたのか、意識を取り戻したようにハッと顔を上げると肩から手を放して身を引き、バタバタと手を振って慌てふためく

「ちょっ、ちょっと待ってっ! ……えっ!?」 切り出された言葉の意味を考えようにも、頭にすんなりと入らないのだろう

あなたも好きかも:スロット ハイスクールオブザデッド 2 フリーズ
「なにっ!? 帰るってことっ!?」 目を見開いて焦り狼狽える反町の取り乱し様にはさすがに洋一も哀れに感じた

今まで上手くやっていたと自負していただろう彼にとって突然の別れ話はまさしく青天の霹靂

あなたも好きかも:グランマーチン
理由もなく切り出されたら混乱するのは必然だ

 だが、別れを切り出した方は、切り出すまでの苦痛はあっても言葉にしてしまえば心の蓋は取れてしまう

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 設定6
すでにそれなりの覚悟が出来上がっていて冷静なものだ

 戸惑う反町を直視することなく、優樹は息を詰まらせながらも頭を下げるように背中を曲げた

「別れて、ください……」「何言ってンのっ!?」 二度目の言葉はしっかりと捉えることが出来た

だからこそ、「ただ事ではない」と判断出来る

 素直な反応を見せた反町は困惑しながらも怪訝に眉を寄せ、今までの穏やかさを吹き飛ばして優樹の腕を強く掴み引っ張った