天井 期待値 一覧

天井 期待値 一覧

「氣の使い手の一斗殿でも、苦手なことはあるのですね」「レオナルド……苦手というか、こんなにみっちり教えることは初めてだから、どうやったらいいのか皆目見当もつかなくてな」 レオナルドは一斗の返答に驚きを隠せないでいた

「で、では、一斗殿

ティスティ殿にはどのように教えたのですか?」「あ〜、ティスティね

こいつは天才だよ

あなたも好きかも:パワフェス カジノ
俺の動きを見て真似るだけで、ほとんど完璧に即マスターしていくからな」「エヘヘヘ」 一斗はティスティの頭をポンポンと軽く叩きながら、誇らしげに答えた

 叩かれつつ褒められたティスティは満足そうだ

「だから、ケインのやつにどう関わったらいいか、正直わからなくてな」 本音の言葉が出たと感じた一斗は、自身の発言に驚いた

(まさか素で弱音が出せるとはな……会社の連中がきいたら絶対逆に警戒するだろうな) これまで自分の力だけを信じ、誰にも頼らず強く押し通してきた一斗

あなたも好きかも:ぜつろう パチンコ トイレ
『弱音を見せたら負け組だ』 そう自分に言い聞かせてきたし、相手にも強要してきたのである

「……ひょっとしたら、ケイン君は察知する能力に長けているのではないでしょうか?」 レオナルドは何かを思い出しかのような表情を浮かべた後に、一斗に話しかけた

「察知する、能力?」 一斗はまったくピンっと来なかった

あなたも好きかも:ライバー スロット
 そもそも、氣の扱い方としてはまず氣を練ることができるようになってから、初めて氣を感じることができるようになる