スロット 郡山 イベント

スロット 郡山 イベント

あなたも好きかも:ルパン パチンコ マモー
『動かねえってよりゃ、動けねーんだろうけど、面倒なのには変わりねえ』「……ま、いいことだよな」『なにがだよ刹那』「いやオレの方に仕事が回らねーのがいいことだなと思って

やっぱトコに回してよかったぜ」『ってあの依頼、刹那が回したのか! やけに断れねーと思ったら……くそう』「とりあえず服着たら?」『下着まで脱いでねえし

よいしょっと……つーかそっち、放置しといていいのか? 鷺城のそれ、寛ぎモードだろ』「さすがに付き合い長くて、よくわかってるねえうさちゃん」『うさちゃん言うな

それに付き合いはそんなに長くねーし

ただ訓練してもらったからな』「や、兎仔とは付き合い長いわよ? 実際に顔を合わせた時間と回数はそれなりにあるあから」『そうなのか……』「つっても最近だろ? まあオレらは基本、あんまお互いに近寄れねーしな

サギがまだガキだった頃ならともかく」『は? ガキって……んな昔からの付き合いあんのか』「四歳くらいでしょ?」「あー、そんなもんだっけな」『……ここ、同情するとこで合ってる?』「オレにな」「私もー」「……」『……』「なんだその目は

サギまで

あなたも好きかも:エトナ バカラ
いや真面目に同情しろよ

あなたも好きかも:ブラックジャック 煽り
どんだけオレがフォロー入れてやったと思ってんだ」「それも仕事の内でしょ」「……あのな」「たいくつ

ねーぎっちゃん、ちょっと回ってきてい?」「いいわよ

好きになさい」「はーい」 中央から客席側へ移動した瞬間、唇を尖らせた紫陽花は、うるさいと言って半分ほどの人間を軽く吹き飛ばしつつ、外へ出ていった

「ウィルの、あの乱暴なの、どうかしてるわよね」「良い方だぜ

サギの仕切りだから加減をしてるじゃねーか

そら見ろ、誰も死んでねーしな

その気遣いをほかにもしろっての