神 撃 スロット 天井

神 撃 スロット 天井

「あいつと全然連絡取ってへんかったンか!?」 切り出された話題に状況を知らなかった立花たちも怪訝に目を向けるが、反町はあっさりと肩をすくめた

「取ってないけど?」 それがどうした? と言わんばかりの生意気な態度に大介は「こいつぅ!」と口を尖らせた

「ほなおまえのせいちゃうんこうなったんは!」「ほぉー? そういうことを言うのか? ずっと傍にいたくせに」 目を据わらせ睨む反町に、大介は「うっ……」と分が悪く口を閉じた

――確かに、彼を責められる身分ではない

 気まずい空気が漂いだし、反町はため息を吐くと、みんなの背後で俯く相川に目を向けた

「病院に行くぞ」 そう促されて顔を上げるが、すぐに口を尖らせ首を振った

「嫌だっ」「嫌じゃない

本当に切断になっていいのか?」「先輩が誘拐されたままなのにっ

あなたも好きかも:白拍子 ブラックジャック
病院なんて、行ってられるかっ」 ――彼の心配はわかる

怪我をしていたし、それに、元気もなかった

あなたも好きかも:ブラックジャック 勝ち負け
気にしないで過ごせと言われても無理な話だ

 しかし、苛立ち意地を見せる彼に、反町は鼻から深く息を吐いて腰に手を置いた