名古屋 大都会 パチンコ

名古屋 大都会 パチンコ

「……!」『……!』 大樹の欠片が落下し、地面にぶつかり音を出す

 その音は"ペルペテュエル・フラム"の街中に響き、粉塵を巻き上げて視界を消し去る

それを合図に、ブラックとフェニックスは同時に動き出した

『ブヒィ!! 勝手な事はもう終わり!!』「『……!!』」 そして、猪八戒によって一人と一匹の動きは妨《さまた》げられる

あなたも好きかも:ガルパン パチンコ デカ保留
 猪八戒は九本歯ノ馬鍬《まくわ》を持っており、それでブラックとフェニックスの進行を阻止したのだ

「……オイ、豚

あなたも好きかも:八柱 スロット
俺の戦いに手を出すとはどういう了見だ? 返答次第じゃテメェを丸焼きだ……」『……猪八戒

この者は私に挑んだ……それを迎え撃つのは幹部として当然の役割……邪魔をしないで貰えますか……?』 一人と一匹は強烈な威圧感を放ち、九本前歯ノ馬鍬を持つ猪八戒に対して敵意を剥き出しにしていた

『ブヒ! 二人……? ……共! 今は戦っている場合じゃないでしょ! 確かに時間はそれなりにあるけど! 敵が必ず夜に来るって訳じゃないからね!? 何より重要なのは話し合い!』「『…………』」 猪八戒が一人と一匹に向けて力説し、その当人たちはムスッとした表情で猪八戒の話を聞いている

あなたも好きかも:ギルティクラウン スロット 実機
『だから、一旦落ち着いて話をしようよ! ブヒッ!!』 猪八戒の言う事は、今において最も正しい事だった

 今回はブラックもフェニックスも、協力する事になるかもしれない相手の実力を確かめたかったのだが、猪八戒の言うように相手が何時来るのかは分からないのだ

ブラックたちが夜頃来ると言ったのは悪魔で推測であり、実際は相手の動きが全く分からない