黒崎 スロット

黒崎 スロット

『マア形アルモノハ、イツカ滅ビルモノデスヨ』 さらりというバットラー13号に風音が「いやいや」と首を横に振る

『ソモソモコノ浮遊島ハモウ2000年ハ飛ンデイルワケデスシ、ヨク保ッタト思イマス』「まあ、そうだけどさー」 この浮遊島はゲームの時代よりもさらに1000年も昔に建造されたらしい

それを考えれば確かによく保ったといえるだろう

だが、だからといって仕方ないと言って良い問題でもなかった

(10年後って、そりゃ明日落ちますっていう話じゃないけどさあ) 風音の頬を嫌な汗が垂れる

「それ、すっごくヤバいよね?」 風音が後ろにいるジンライに尋ねる

あなたも好きかも:パチンコ 友達 なくす
さすがのジンライも「うむぅ」と顔を青くしている

問題はこの島の上だけのことではないのだ

島が落ちると言うことはハイヴァーンの地に巨大質量の物体が落下すると言うことでもある

あなたも好きかも:大在 パチンコ ポパイ
周辺への影響もかなりのものであろうし、ジンライの生まれたソラエの村も壊滅するかもしれない

「ワシの村も危険だが、いや、それよりも下の闇の森か

あれも当然崩壊するだろうが、それが不味いな」「森の魔物たちが周辺に逃げ出したら手に負えないわね」 ジンライの言葉にルイーズが同意する

あなたも好きかも:スロット 貯玉
「手に負えないって言うと?」 弓花がルイーズに尋ねる

ここまでの話だけでは弓花にはいまいち状況が読めない

「あの闇の森の中の魔物たちは高濃度の魔素の中でしか生きていけない

外に出てしまえば、長くは生きられないのよ」 弓花にルイーズはそう答える

「となれば、その魔素を補充しなくちゃいけないんだけど