パチスロ ラブ 嬢 ポイント

パチスロ ラブ 嬢 ポイント

「ご、ごめんね遅くなっちゃって……

今晩、どうするかメールする」《あっ……、そんなっ……急がなくてもっ》「ううん

みんなも予定立てられなくなるだろうからね

あなたも好きかも:パチスロ 仮面ライダーblack 評価
電話くれてありがと

ボーっとしてるトコだった」《い、いえっ……そんな、全然っ》 脳裏に、焦って首を振るいつもの鈴菜の姿が浮かび、優樹は「……ふふ」と笑みを溢して足下の地面を見つめた

「もしパーティ出来なかったら、鈴菜ちゃんは友達とパーティするの? ご家族と?」《……えっ!》 慌てた雰囲気で言葉を詰まらせる鈴菜に、優樹は「ん?」と首を傾げた

――別に変な質問はしていないはずだが

 しかし、ここで優樹は気付かなければいけなかった

クリスマスがどういう時なのか、を

 尚も首を傾げて言葉を待つ優樹の鈍さは鈴菜も承知の上なのだろう

あなたも好きかも:今 面白い スロット
《え、っと……

あなたも好きかも:トロピカルkiss スロット やめどき
そのぉ……何もなければ……、先輩と、食事でも、と……》 小声でボソボソと告げられ、優樹はキョトンとした

「私と?」 ここに誰かがいれば思い切り頭を叩かれていたはずだ

しかし、生憎ここには我が身だけ

《えっ? ……え? ……あ、ま、まあ……優樹先輩、も……一緒に出来れば、嬉しいんですけど……

で、出来れば……、その……、大介、先輩、と……》 精一杯気を遣ってくれた

相手が洋一だったら、「そうそうおまえと、……ってなんでおまえとだよ!」と勢いよく突っ込まれるところだ

 優樹はパチパチと瞬きを繰り返していたが、ボッと顔を赤くして、恥ずかしさにその場で右往左往しだした

「ご、ごめんね! 私っ……、ごめんね!」 焦りを露わにして申し訳なく謝ると、《い、いえっ……全然っ》と、鈴菜も恥ずかしそうに止める