名作 テーブルゲーム

名作 テーブルゲーム

ちょっと男物っぽいコーディネイトになってそして、ようやく気づく

頭が混乱していて一番大事なことを忘れていた

あなたも好きかも:高槻 パチンコ キョーイチ
寝室の扉を開いて、誰も居ないリビングを通りそして、通路をエレベーターまで一直線に走る

確かに身体は相当に強そうである

息切れ一つしていない

エレベーターの中へと駆けこみ、医務室のある階のパネルのボタンを連打する

すぐにエレベーターは下降しだした

自動ドアが開くと、外には頭に包帯をグルグル巻きにしたマチカとシズカ姫が待っていた

「……タカユキ兄……リングリングからいまいきなり頭の中で言われて 待ってたんだけど……」シズカ姫は唖然とした顔をする

マチカは苦笑いしながら「ごめんごめん

あの二人にいきなり後ろから殴られて さっきまで格納庫で気絶してた」「い、いや……もういいんだ、それよりも俺の赤ちゃんの場所へ」声は完全に美射のものだ

物凄い違和感があるが今は振り払うしかない

あなたも好きかも:十文字 ぱちんこ
シズカ姫は俺の手を取って「行こう!!はやく抱いてあげてよ!!」強引に引っ張って、医務室へと走っていく

あなたも好きかも:まどマギ2 パチンコ 保留
マチカも続く

右腕が千切れるほど引っ張られているが本当にこの身体は強靭なようで、ついていけている