パチンコ 上飯田 バイト

パチンコ 上飯田 バイト

そしてもう一度穴に向けて炎の魔法が飛んでいく

「おおすげっ……」「これって俺らの出る幕ないよな」「別にいいじゃないか

アンデッド相手にしてどれだけ仲間が死んで来たか……」「確かに……楽に倒してくれるのならそっちの方がいい」「これ以上犠牲を出したくないしな」 直接アンデッドの戦闘に参加している兵からすれば自分たちの危険がなくなるのはありがたいことであり、アンデッドが全部倒されるのもまたありがたい

特にしたい全てを焼き払い灰にしてくれるのであれば処理も楽だ

死体を返してほしいという人物もいるかもしれないが、流石にこれだけのアンデッドの群れを相手に簡単に死体を返すとは言えない

処理するだけでも大変だし探すのも大変、そもそも死体一つを問題なく返せるような余裕などない

アンデッドの群れが襲ってきた防衛拠点は倒されたアンデッドの死体の山だ

後で処理しなければならない

あなたも好きかも:パチンコ ホールスタッフ 募集
「なんてとんでもない魔法だ……」「あれだけの魔法をあんなあっさり使えるなんて……」「魔法がすごいと思うか? それとも魔力がすごいと思うか?」「両方じゃありませんか? 魔力が高くても限度があるでしょう

あなたも好きかも:パチンコ 山田川
でもあれだけの魔法となると……普通の魔法使いが開発するような魔法ではありませんね」 一方魔法使いたちは使われている魔法にありえないと驚きを隠せない状態だ

公也の使う魔法は普通の魔法ではない

魔法使いたちが一般的に使い、そして知っている魔法とは違う公也がその場で即興で使うオリジナルだ

しかし普通はそうは考えられない

あれだけの規模の魔法を何度も使えるのは魔力的にあり得ないからだ

そもそも仮に魔力の消費が少なくともあの規模の魔法を個人で使う……あれだけの回数個人で使うのはありえない

「何かの手を借りているとか

精霊とか」「精霊がいればさすがに有名になるでしょう……ああ、でも魔法使いで有名と言えば」「そういえば最近すごい魔法使いがキアラートに現れたとか」「…………どこかの領主になっている人物だったな

魔法使いとしての能力が高いとか」「なんかキアラートに発生した大規模の魔物の騒動を解決したとか?」「あまりここで話すのは良くないんじゃないかこういうの?」「あー……そうだな、後でちょっとひそっと話すか」 魔法使いたちの間ではある程度有名になっている公也