スロット よしき 来店

スロット よしき 来店

圧倒的で暴力的な力の波動

 驚くのは当たり前だった

「アズマリア=アルテマックス!」 クオンは我を忘れて大声を上げていた

 光が消え去ったあと、彼の視線の先にあったのはとてつもなく巨大な門であり、さながら王都ルーンベレルを覆う天蓋のようなそれは、いつになく享楽的かつ退廃的な形状をしていた

 百万世界の門《ゲート・オブ・ヴァーミリオン》

 クオンは、複雑な形状をした門扉がゆっくりと開いていくのを見つめていた

あなたも好きかも:リング 終焉の刻 スロット エピローグ
門扉がわずかに開き、その向こう側から瘴気が漏れてくるのを目撃する

さらに瘴気たゆたう門の向こう側に無数の紅い光点が蠢いているのを確認したとき、彼は、眼を見開いていた

肥大した感覚が、それらの殺意を敏感に感じ取る

あなたも好きかも:鉄拳3rd スロット
鋭利な刃のように研ぎ澄まされた殺気の群れ

 そして、門が完全に開く

 どす黒い瘴気とともに皇魔の雨が降り注いできた

あなたも好きかも:がるぱん パチンコ
平野でジルは南を振り仰ぐ

 ケティルノースが本格的に動き出した