カジノ 神戸

カジノ 神戸

馬車の関係上森という樹々が邪魔になるルートを通れないため半ば強行に通るため公也が魔法を使い上空に道を作り進んでいるわけである

このルートの利点はやはり樹々を気にする必要がないため伐採の手間がかからず移動が速いという点

もっとも速いと言っても足場を作るための手間と足場の存在を認識し進馬の問題もあるため速いと言ってもそこまで順調に速いわけでない

また利点として森の魔物に襲われないということがあるが、確かに地に足をつけた森を住処とする多くの魔物には襲われなくなったが代わりに空を飛ぶ鳥や虫の魔物、一部の獣に襲われるようになった

 空を飛んでいる相手の領域に侵入している公也たちは明確に敵として認知されている、あるいは遮蔽物がないゆえに見えやすく狙いやすい、まとも大きい公也たちはねらい目である……理由はいろいろ有れど、ともかく襲いやすい存在であるがゆえに襲ってきている

もちろん相手は空を飛んでいる

あなたも好きかも:オンラインゲーム アニメ nhk
公也たちは空を飛んでいるわけではなく空中の足場に立っている……つまりは地上にいる時と大きく変わらない状況であるため、空から襲ってくる相手、場合によっては下からも襲ってくる可能性のある魔物や獣を相手にするのはなかなか面倒くさいところがあるだろう

危険という点でも相手の攻撃の自由自在さなど面倒なところがある

「しかしよくやるな

空を飛ぶ相手に」「この程度何でもありません」「いや……剣で良く落とせるな」「主を守るためならこの程度できなければ困ります」「割とでたらめだな……」 空を飛ぶ相手に対し自由に空中で活動できない人間である公也やウィルハルトは当然まともに空中の相手をするのは厳しい

しかし馬車の防衛はしなければならずなかなか大変……なはずなのだが

あなたも好きかも:映画 カジノ
ウィルハルトはそんな空中からの相手に対して特に苦労して戦っている様子はない