めぞん一刻 スロット 初代

めぞん一刻 スロット 初代

 どこからともなく降り注ぐわずかばかりの光が、海辺に打ち寄せる波に反射して、禍々しくも輝く

その光こそ、この暗黒の世界を際立たせるものであり、光が在るからこそ、闇もまた深くなるのだろう

そして押しては返す波の上に、黒衣の老人が佇んでいる

 マスクオブディスペア

「自らの由を知ることができたようですな」「自らの由……か」 それが存在する意義であり、理由であり、価値なのだとしたら、セツナには、まだよくわかっていないことかもしれなかった

 セツナが実感したのは、ただ、この地獄の試練を一刻も早く突破して、現実に帰りたいという本心であり、偽らざる本音だった

それだけがすべてといっても過言ではない

ほかのことはどうでもいい

ただ、帰り、皆にもう一度逢いたい

あなたも好きかも:スロット マインドセット
 それだけだ

あなたも好きかも:パチンコ レア台 2021
 その先のことは、考えられなかった

 それが自らの由というのであれば、そうかもしれない

 居場所などなくたっていい

 皆に逢えても、元には戻らないかもしれない

いや、元通りになどなれるわけもない

嫌われているかもしれない